69 sixty nine 村上龍 集英社文庫

公開日: 2013年12月4日水曜日 出版社_集英社文庫 著者_村上龍

69 sixty nine 村上龍 集英社文庫


□マイブックミシュラン(星最大5つ)

読みやすい ☆☆☆☆☆
心にひびく ☆☆☆☆
発見がある ☆☆☆☆
ビジネス書 ☆☆
人生ヒント ☆☆☆







□しおり

一つ、学んだ。暗く反省しても誰もついて来ない。誰も、判断なんかできないのだ。こんな高校に、バリケード封鎖を思想的に判断できるものはいない。だから、楽しんでいる奴が勝ちなのだ。退学にびびっていても、元気に、笑いながら、バリ封がいかに楽しかったかと話してやれば、一般生徒は安心する。・・・(中略)・・・たとえ退学になってもオレはお前らにだけは負けないぞ、一生、オレの楽しい笑い声を聞かせてやる…………。[P119]







□ブログ管理者評

わたしはこの本で気付かされた。人は楽しく生きなければいけないのだ。それはどんな人にでも与えられる権利だ。その権利に気付くことなく人生を終えることが、なによりも哀しいことではないだろうか。








□内容紹介

1969年、東京大学は入試を中止した。ビートルズのメロディーが流れ、ローリング・ストーンズも最高の シングルを発表し、ヒッピーが愛と平和を訴えていた。僕は九州の西の端の、基地の町の高校三年生。 その佐世保北高校がバリケード封鎖された。もちろん、僕とその仲間たち。無垢だけど、爆発しそうな エネルギーでいっぱいの、明るくキケンな青春小説。

⇒アマゾンでこの本のことをもっと知る

↓ここに画像が出ていれば、アマゾンで購入できます!







□作者プロフィール
村上龍(ムラカミ リュウ)
1952年2月19日、長崎県生。76年、武蔵野美大中退、76年「限りなく透明に近いブルー」で芥川賞受賞。81年「コインロッカー・ベイビーズ」で野間文芸新人賞受賞。以後、小説、エッセイに意欲的作品を発表。






  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿