マンボウ周遊券 北杜夫 新潮文庫

公開日: 2013年4月5日金曜日 五つ星あり 出版社_新潮文庫 著者_北杜夫

マンボウ周遊券 北杜夫 新潮文庫


□マイブックミシュラン(星最大5つ)

読みやすい ☆☆☆☆☆
心にひびく ☆☆
発見がある ☆☆☆☆☆
ビジネス書 ☆
人生ヒント ☆☆







□ブログ管理者評

阿川弘之氏との裏千家ばなし、締め切りをきっちり守っている謎、遠藤周作氏とのライター運ばなし、阿川・遠藤両氏とのヨーロッパ講演ツアー裏話、競馬と阪神の熱、コーヒーCM出演の本当の話、マダガスカル島とソ連での秘蔵日記的シリーズ、などなど北杜夫氏の盛りだくさん愚痴込み(!?)エッセイ。







□内容紹介

大海原をたゆたうマンボウのように、時には喧噪の街を離れて、のんびりと旅に出よう──。飛行機に乗れば荷物は消え、汽車に乗れば閉じこめられ、車で走ればコンコする。ヨーロッパ講演旅行(狐狸庵・遠藤周作らと)、ソ連作家同盟の招待旅行(奇態な宇宙人・星新一らと)、マダガスカル旅行(乗物狂・阿川弘之と)など、マンボウとそのおかしな仲間たちの珍談奇談あふれる愉快な旅。

⇒アマゾンでこの本のことをもっと知る

↓ここに画像が出ていれば、アマゾンで購入できます!






□作者プロフィール

1927(昭和2)年5月生れ。1960年、半年間の船医体験をもとに『どくとるマンボウ航海記』を刊行し、一躍ベストセラーとなる。同年、『夜と霧の隅で』で芥川賞を受賞。その後『楡家の人びと』(1964)で毎日出版文化賞、『輝ける碧き空の下で』(1986)で日本文学大賞、1996年芸術院会員。1998年には『青年茂吉』を始めとする斎藤茂吉評伝四部作により大佛次郎賞を受賞。ユーモア溢れるエッセイでも人気が高く、多くのファンに愛された。2011年10月24日逝去。





  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿